テーマ:光り

風と光の調べ

夏の日の午後 道の脇の草むらにふと視線を移すと 雲にこされた淡い光に クモの糸が輝いていました。 あるかないかの風が 撫でるようにそっと触れると 細い弦は微かに振るえ まるで、聞こえないほどの小さな音色で 風と光の調べを奏でている…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

鯉のぼり ~蓮華寺池公園にて~

緑の中、青い空に泳ぐ鯉のぼり。 そして池にも・・・。 幼稚園児たちの描いた手づくり鯉のぼり。 明日は端午の節句、子どもの日です。 <4月30日 藤枝市蓮華寺池公園で撮影>
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

光りの春 ~きらめく天竜川~

ときおり冬の名残りの寒さが感じられることがありますが、 暦の上ではすでに春。 降りそそぐ日ざしに 光りの春を感じます。 風が走ると、 川面がきらめき、光りが走ります。 花咲くときを待つ梢に、 光りはさんさんと降りそそいでいます。 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

小さな秋、見つけた

秋の透明な光り、少しあたたかい日ざし。 小春日和です。 のんびりと日向ぼっこをしたくなります。 ♪とまっているよ さおのさき♪ ゆらゆらとゆらめいて、きらきらときらめいて、 どことなくはかなさが漂う光の糸です。 木の葉も少しづつ色づきはじめて薄化粧。 そろそろ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

夏祭り ~夏を惜しむ宵~

昼間の熱をはらんだ山あいの町が宵闇に包まれていきます。 威勢のいい掛け声とともに笛太鼓のお囃子が響いてきます。 華やかな提灯が揺れ、人々の熱気があたりを包みます。 元気のいいおじさんやおばさんが、練ります、跳ねます、大声を出…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

夜空に咲く花 ~風の旋律*納涼花火大会~

ひゅるるるるるるるるるるるるるるるるる・・・・・・・・・・・・・・・・ どぉぉぉ~ん ひゅるるるるるるるるるるるるるるるるる・・・・・・・・・・・・・・・・ どぉぉぉ~ん 夏の夜空に大きな大きな花が咲きました。 闇を照ら…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

花あかり

        春一番の吹いた翌日、日ざしは明るいのですが         強い風はまだおさまらず、気温の低い日でした。         山あいの里に出かけると、白梅が枝いっぱいに花をつけていました。         強風で揺れる花を撮るのは一苦労です。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

日ざしに包まれて

        昼下がりの川辺         早春の日ざしがまぶしい         きらきら光る川面に きらきら光るねこやなぎ         空の光りと水の光りに包まれて遊んでいます         風がわたる水のおもてに ゆらめく輝き …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

光りの春

空気がきんと冷えて、風の冷たい季節ですが 晴れた日の光りには春の気配があふれています。 まぶしい光りの春。 やさしい光りの春。 なごやな光りの春。 おだやかな光りの春。 あかるい光りの春。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

急げ、もうすぐ日が沈む。

落日が見たいと思いついたとき、麓はすでに日がかげっていました。 標高差約250m、山の上を目指し早足で登り始めます。 ふうっ、息がきれます。汗がにじんできます。 「急げ、もうすぐ日が沈む」 額から汗がひとすじ、つーっと流れました。 「まにあう、まだまにあう」 カメラバッグを抱え、急な山道をかけあしで急…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

金色に輝くとき

遥かかなたの湖から、いくつもの山並みを縫って、長い旅を続けた水の流れ ここで、海とひとつになります。 旅の終わりに感謝するように、そして新しい旅の始まりを祝福するように、 川面はまばゆい金の光りにつつまれます。 1艘の小舟も、 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

赤い輝き

降り続いていた雨は、冬の遅い夜明けとともにあがりました。 草花に無数の雫が輝いています。 ひときわ目立つ赤い花も、雫をまとっています。 朝の光りにきらきらと輝いています。 宝石のきらめき。 儚いから、いっそう美しい。 …
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more