テーマ:草花

合歓 & 20キロ走

合歓の花がたくさん咲いています。 雨に打たれたり、 風に吹かれたり、 道に落ちた合歓の花が描くのは 小さな舞扇の模様。 ************************************** 梅雨の晴れ間の日曜日、 そんな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

やっと終了25キロ

             木瓜 ********** 25キロ走終了 ********** 国道を北に向かう。 交通量が多いけれど 歩道が広いので行きかう車にストレスを感じることはない。 桜並木の道路を行く。 つぼみがふくらんでいるのがわかる。 桜吹雪の下を走る姿を想像する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れを自覚する15キロまで

前回からの続きです。 ********** 疲れを自覚する15キロまで ********** 車の通行量が多い国道を走る。 白線一本で仕切られた路側帯、 すぐ横を車が通過する。 恐怖を感じることがある。 早く通り過ぎてしまおう。 ペースが上がる。 国道とわかれて グランドの脇を進む。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春を見つけた

        きょうは一日雨が降り続いていました。         春の足音もひとやすみしたようです。         少し前に見つけた暖かそうな春をご紹介します。           雲白く柳青める空に風           足もとにぺんぺん草の笑み重ね     …
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

まよいの森

暖かさに誘われて、北の山へと向かってみました。 まだ新芽の出ないお茶畑と、そろそろ終わりかける梅に見送られ 里の斜面につけられた道を山へと歩いていきます。 里の畑の端に、一本の馬酔木(アシビ)が花をつけていました。 爽やかに見…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

万葉の森~続編~

万葉の森公園の一角に 伎倍(きべ)の山里と名づけられた小高い丘があります。 春を待つ桜の梢が 寒空に広がっています。 花も葉もないはずなのに 緑色のひと塊が・・・ もう少し近づいてみましょう。 これはヤドリギのようです。万葉名で「ほよ」といいます。 さらに近づいてみます。 葉の…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

すぷりんぐ

すぷりんぐ ・・・・・ こころが はずむ 春 すぷりんぐ ・・・・・ びよん びよーん はずむ ばね 春 ・・・・・ 小さな かわいい かわいい 葉っぱの踊り子 くるくる くるくる まわって …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

わき道、より道、もどり道

気持ちよく、まっすぐ青空にのびる木々。 でも、 ひらがなみたいに ゆるやかな曲線をえがいて のんびり歩いていきたいね。 まっすぐ進む途中で くるりんと輪をかいて まわり道 ぐるぐるぐると あちこち道草 わき道にそれて より道 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more