テーマ:寺社

竜門橋新緑

大洞院の入口にかかる竜門橋。 朱塗りの橋と まぶしい新緑の対比が美しい。 <撮影地/静岡県森町> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の智満寺

山あいに 静かにたたずむ かやぶきのお寺 山の緑に囲まれたその姿は 長い 時の流れを 感じさせます。 <撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳳来寺山の石段

鳳来寺山表参道。 本堂まで約1km.にわたり 1425段の石段が続いています。 新緑の麓から 杉の巨木に囲まれたうす暗い森へ。 石段の始まりです。 しばらくすると 三代将軍徳川家光が寄進したという仁王門。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷寺秋景

坂道を転げ落ちるように秋の日暮れは早い。 山沿いなら なおさら。 日が傾き始めたかと思うと すぐに日ざしは届かなくなる。 午後三時すぎ 秋の長谷寺はすでに日が翳っていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法隆寺点描

五重塔と金堂 夢殿 秋の日ざし(回廊) 土塀沿いの桜 南大門をのぞむ 斑鳩秋空(中門と五重塔) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大福寺の十月桜

浜名湖に秋の日が降りそそいでいます。 ぽっかり浮かんだ浜名湖唯一の島、礫(つぶて)島、 なんだかまぶしそうです。 湖北五山のひとつ大福寺は、 浜名湖北岸から三ケ日町を少し北に向かったところにあります。 …
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

森町、大洞院の紅葉

森町にある大洞院は 侠客、森の石松のお墓がある寺として知られています。 11月の終わり頃、 紅葉を求めて訪ねてみました。 大洞院紅葉 もみじ降る参道 秋の色 も…
トラックバック:1
コメント:22

続きを読むread more

萩の寺、蓮華寺

山門に続く石段の登り口に 白萩が花を咲かせています。 木洩れ日の石段、 朱塗りの山門前には赤紫の萩。 門をくぐると 本堂前の庭はさまざまな萩でおおわれています。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

油山寺(ゆさんじ)新緑

五月の緑が目に優しく輝いています。 目の霊山として古くから親しまれている油山寺。 瑠璃色の屋根瓦が周囲の緑とよく似合います。 広い境内の森を、石仏の眼差しに見守られて奥へと歩きます。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

深山の小径から ~宝珠院のミヤマツツジ~

山あいの町の小高いところに 宝珠院というお寺があります。 ・・・・・・・ 眼下には、青い水をたたえた天竜川と萌える柳。 そして向かいには深い緑色をした杉の山。 心和む風景が広がっています。 本堂のまわりを巻くように、裏山に遊歩道がつけられています。 深山の小径(みやまのこ…
トラックバック:1
コメント:24

続きを読むread more

足神神社

天竜川沿いに北へと向かいます。 途中で天竜川にわかれを告げ、支流の水窪川に沿ってさらに北へ。 浜松市最北端の水窪(みさくぼ)、信州への塩の道が続いています。 往時は、信州に塩を運ぶ荷駄が行き交い、 街道はずいぶん賑わったといいます。 最後の集落を通過し、沢沿いの狭い道をのぼって行くと、 やがて森の中に足神神社があらわれました…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ほほえみ ~玖延寺境内~

眺めているだけでふと微笑ましくなるものがあります。 ・・・・・ 通りすがりにふらりと立寄ったお寺。 ほんのりと香りを漂わせる花。 そして、 境内を歩いて見つけたもの。 つい、微笑ましくなります。 ん? これは、いったい・・・? …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

紅彩 ~栄林寺の風~

思いだしたようにときおり強い風が吹く日でした。 浜松市内の栄林寺を訪ねてみました。 山門をくぐると、緑の松と屋根の向こうに紅く色づいた樹が見えます。 左手の坂を上って小高いところに立てば、 紅葉越しにお寺を見ることができます。 梢を…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

秋彩 ~宝珠院にて~

陽は高く、空は青く、 葉は紅く色づいています。 いつもより高く深く見える風景。 やわらかな午後、季節を彩る光と風が、辺りを包んでいます。 葉陰の万両の実も紅く染まって、きらきらと・・・。 三十三観音の上に紅いひさし。 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more